トップ / ブランド時計の注意点について

買取の為の時計の扱い

ブランド時計の注意点について

ブランド時計の故障を未然に防止

ブランド時計は非常に高価なものであるため、普段から取り扱いには十分に注意する必要があります。特に時計は水に対して弱いのが特徴です。時計の内部に水が入り込んだことが原因で、動かなくなってしまう例も少なくありません。高級時計は外側汚部分は錆びにくいですが、内部は錆びやすく、針や文字盤などが錆びてしまうこともあるのです。せっかくの高級ブランド時計を壊してしまわないように、持っている時計の防止水タイプなどに関して知っておく必要があります。

時計の中には防水加工が施されているものも多いです。100メートル防水や10気圧防水、日常生活防水などという言葉を聞いたことがあるでしょう。時計を購入する際に、時計専門店の人が防水について説明してくれることもよくあります。しかし、どの程度まで濡れて大丈夫なのかよく分かってない人も多いです。

100メートル防水というのは100メートルの深さの水圧にも耐えられるということを意味します。10気圧防水は10気圧に相当する水圧にも耐えられるという意味です。1気圧は約10メートルの深さの水圧であるため、10気圧防水は100メートル防水とほぼ同じということになります。これに対して日常生活防水の場合は、雨などで濡れる程度には耐えられますが、水に潜るのは避けた方がいいでしょう。水に潜れるタイプの防水は潜水防水と呼ばれていて、潜れないタイプのものは一般防水と言います。自分の持っている時計がどちらのタイプなのか把握しておきましょう。潜水防水の時計でも、リューズが緩んでいないかしっかりと確認することが必要です。リューズのところから水が入り込んでしまう例が多く見られます。

水以外の注意点としては、磁気を帯びたものになるべく近づけないようにすることです。気が付かないうちに近づけてしまっていることもあるため、磁気帯を定期的に確認するといいでしょう。方位磁針を近づけてみることで簡単にチェックできます。方位磁針の針の動きがおかしくなった場合には、磁気を帯びている可能性が高いため、早めの修理に出しておきましょう。

Copyright © 人気のあるブランド時計. All rights reserved.